勤労感謝の日

こんにちは、OTです。

今日、11月23日は「勤労感謝の日」ですね。
国民の祝日に関する法律によると「勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」ことを目的としているそうです。
なんだか蒸すかしいですが…
わかりやすく言い換えると「一生懸命働き、生産し、みんなで喜びを分かち合おう」という日だそうです(*^_^*)

(今年も院内の木がきれいに紅葉していました🍂)

そんな勤労感謝の日ですが、由来となっているのは「新嘗祭(にいなめさい)」という祭事だそうです。
新嘗祭とは、天皇が新穀などの収穫物を神々に供えて感謝し、自らも食すという儀式だそうで、720年に完成したとされる「日本書紀」にも記載されているとされています。
他にも、弥生時代にはもとになる儀式があったという説もあり、かなり歴史の深い祭事です。

今回は少し難しい話をしてしまいましたが…
勤労感謝の日が1年で最後の祝日となります(*^^*)
寒い日が続きますが、体調に気を付けて過ごしましょうね♪

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

作品づくり~パーツの組み立て~

こんにちは、OTです。

前回は台紙をパーツの形に切る工程を紹介しました。
今回は、切ったパーツを組み立てる工程です(*^_^*)

まずは、スタッフがパーツの重なる部分にマーカーで印をつけます。

印をつけることで患者さんは貼る場所やパーツ同士を合わせる場所が分かりやすくなり、スタッフは患者さんに「印を合わせて貼ってね」と指示が出しやすくなります。

このように印同士を合わせることで、ずれてしまうことなく組み立てができます。

細かいパーツも多く、組み立ての段階で失敗してしまうと修正が難しくなってしまうため、細かい作業が得意で指示理解が良好な人に行ってもらうようにしています。
しかし、必ず前述のような人がいるとは限らず、組み立てるパーツが多いこともあります。
その時にはスタッフが細かく介入を行い、作業を行ってもらいます。

これでお花が完成します!
このような手順で組み立てたものをいくつか作って、作品が完成していきます(*^-^*)

さて、作品づくりの工程も終盤に近付いてきました。
次にどの工程が来るか考えてみてくださいね☆

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

11月の作品

こんにちは、OTです。
院内の木々の葉っぱが落ち始め、寒い季節が近づいてきたなと感じます🍂

今回は11月の作品の紹介です。
11月15日は「七五三」ということで…
今回は着物を着た子どもたちと椿の花の作品にしました(*^_^*)

笑顔の子どもたちと椿の花で、かわいらしい作品に仕上がりました♪

七五三は「7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う」行事です。
着物を着てお参りに行ったり、千歳飴を持って写真を撮ったりした人も多いと思います(*^^*)

寒い日が少しずつ増えてきています。
体調に気を付けて過ごしましょう!

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

作品作り~パーツの形に切る~

こんにちは、OTです。

時間が空いてしまいましたが…
久しぶりの作品づくりの工程紹介です!

今回は折り紙を貼り終わった台紙をパーツの形に切る工程です(*^_^*)

まずは、スタッフが赤で切り取る線を書きます。

線を書くことで、作業する人はどこを切ればよいのかわかりやすくなり、スタッフも「赤い線で切ってね」と伝えやすくなります。

以前紹介した『台紙の切り取り』とは異なり、今回の工程ではさらに細かい動作が必要になり、失敗すると修正ができないため、作業が丁寧で慎重な人に行ってもらいます。

線の上を綺麗に切るためには、左右の手の協調運動が必要になってきます。
協調運動とは、左右バラバラな動きを同時に行うことを言います。
この動作ができないと、必要な部分を切り落としてしまうことがあったり、パーツの中には細かいものもあるため、限られた人が行っています。

B氏が切ったものは、A氏のものと比べて曲線が角ばっており、なめらかではありません。
このような場合には修正を行ってもらいます。
他の人にお願いするときもあれば、細かいパーツで難しいと判断した時にはスタッフが行う時もあります。
他にも、道具を変えたり、環境を変えたり…

次はどの工程か考えてみてくださいね(^^♪

★求人のお知らせ★
常勤の作業療法士の募集
医療法人慈光会 東武丸山病院では、常勤作業療法士を募集しております。精神科領域にご興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。
経験年数は問いません。新卒の方もぜひ見学に来てください。
<病院見学>
随時受け付けております。また、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。
【問い合わせ先】
医療法人慈光会 東武丸山病院
Tel:0480-42-0710
担当者:【事務】 酒巻
     【OT】 田村

🎃ハロウィン🎃

こんにちは、OTです。
突然ですが、10月31日は何の日か知っていますか?

そう「ハロウィン」です!!

近年では日本でも定着し、大きな盛り上がりを見せていますね。
では、ハロウィンとはそもそもどんな行事なのでしょう?
皆さんは説明できるでしょうか🎃

ハロウィンは古代ケルト民族(ヨーロッパの民族)が行っていたお祭りが起源とされています。
古代ケルトでは11月1日が新年とされており、その前日である10月31日は日本でいうところの大晦日だったそうです。
さらにこの日は、ご先祖様の霊が家族に会いに来るともされていたため、秋の収穫物を集めて盛大なお祭りを行っていたそうです。
なので、ハロウィンは日本でいう「大晦日」「お盆」「秋祭り」が一緒になったようなお祭りだそうです。

(写真は2018年に患者さんが作ったものです🎃)

ではなぜハロウィンには仮装をするのでしょうか?

それは、ご先祖様の霊と一緒に、いたずらをする悪いお化けもやってくるとされているからです。
そのため仮装をして、お化けの仲間だと思わせて、悪さをしないようにしたと言われています👻

他にもハロウィンに関するお話はたくさんあるのですが…
長くなってしまうので今回はこのあたりで。

それでは皆さん…

Happy Halloween!!!